投稿者 undecuplet | 2010/02/05

ジャック・ルーシェ(JACQUES LOUSSIER)のバッハ(Bach)ゴールドベルグ(goldberg)~清水靖晃・公開リハーサル

今夜もまた再び沖縄出張中です。わずか東京に3日の滞在でこの地に戻ってきました。しかし、着くなり沖縄とは思えないほどの「寒さ」の大歓待をうけました。スタッフ一同みな、ぶるぶるふるえています。

ところで、今日、ご紹介するのは、「ジャック・ルーシェのゴールドベルグ」(こちらで試聴できます)です。先日、清水靖晃さんの近々のゴールドベルグ・コンサートをご紹介しましたが、ジャック・ルーシェもまた、ジャズの人でありながら、バッハを得意としているピアニストです。1934年生まれ、フランス在住。16歳でパリ国立高等音楽・舞踊学校に入学といいますから、相当に若くして才能を認められたピアニストですね。

1959年より、ジャック・ルーシェ・トリオの名義でバッハのアルバムを毎年のように発売します。たてつづけに10枚余り発表したあと、1978年にトリオをいったん解散。トリオをはなれ、ピンクフロイドやエルトン・ジョン、スティングと共演したりしていきます。

1985年にふたたび、新しいトリオを結成。バッハをレパートリーの中核として、精力的にアルバムをつくりつづけます。
1997年からは一転、ビバルディ、サティ、ラヴェルと新たな境地を試み始めます。そしてついに2000年に、ゴールドベルグを発表することになります。
この後も、ドビュッシー、ショパン、モーツァルトなど新たな試みはつづきます。昨年もバッハ50周年と銘打って、記念アルバムを発表しました。

今回ご紹介のアルバムは2000年1月1日に発表のもの。録音に定評のあるテラーク(telarc)からの発売となっています。
このテラーク発売というのも、実はなかなか興味のそそられる部分です。テラークは、1977年サウンド・エンジニアのジャック・レナードとプロデューサーのロバート・ウッズのわず か2人でスタートした伝説的会社です。このレーベルは設立当初から一貫してデジタル録音を採用しており、常に最先端のテクノロジーでクラシック・ファンだけでなく、オーディオ・ファンにも知られています。
テラークの録音の基本ポリシーは、コンサート・ホールでの演奏の感動を忠実に伝えるために最高水準の録音クオリティを目指すこと。わずか3本のマ イクを基本とする独特のマイク・アレンジが、特にピアノのピアノらしいやわらかな音で収録していきます。
実際、ルーシェのピアノは、本当にピアノらしい素晴らしいピアノの音色なのです。

ところで、ルーシェのゴールドベルグは、先日の清水靖晃さんともちょっと違って、ちょっとジャズよりです。最初のアリアも、ジャズトリオの静かなイントロにはじまり、メロディラインはノーマルにまるでハープシコードのような演奏手法でスタートします。第二フレーズからは、わずかにアクセントの強化されたリズムとちょっとだけ改変されたコード進行、そしてアドリブ的展開とつづきます。
ただし、原曲のイメージをほとんどそこなわないところが本当に彼の真骨頂です。変奏曲部分になっても、この調子でアレンジがつづきますが、すべての変奏曲はその原型をとどめているのです。ですので、元の曲を知っていれば知っているほど楽しめます。また、そのジャズ展開のすべてが穏やかに抑制のきいたものであり、聴く者に決して違和感を感じネガティブなさせないところが、まさにジャック・ルーシェなのです。

今日、とても素敵なニュースがはいってきました。先日ご紹介した「清水靖晃さんのゴールドベルグ」ですが、すみだトリフォニーホールで2月15日、公開リハーサルが開催されることが決定したそうです。楽しみです。詳細はこちらです。
靖晃さんのゴールドベルグ本番の28日までもあともう3週間ばかり。ジャック・ルーシェのゴールドベルグがきっとこころの中の何かを刺激したのでしょう、無性に清水靖晃さんのゴールドベルグ・コンサートを希求している自分に気づいた那覇の夜でした。

JLgoldberg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。