投稿者 undecuplet | 2010/03/15

棚からひとつかみ~大人のデュオ・アルバム:Joe Sample featuring Lalah Hathaway (ジョー・サンプル フィーチャリング レイラ・ハザウェイ)「THE SONG LIVES ON (ソング・リヴズ・オン)」

joesampleさきほどまで、急な出張にて、那覇にいました。那覇の、高い湿気と時々雲間から射す陽光に、東京在住の者にとっては、既に夏を感じるものでした。春もこないうちに、ふしぎな気分ですが、こころはとても夏が恋しくなりました。数日、更新ができなくていて、見に来てくださっていた方ごめんなさい。

そんなちょっと夏の気分に、今日は棚からひとつかみで、ジョー・サンプル(Joe Sample)&レイラ・ハザウエイ(Lalah Hathaway)です。

T HE SONGS LIVES ON(ソング・リヴズ・オン)
Joe Sample featuring Lalah Hathaway
(ジョー・サンプル フィーチャリング レイラ・ハザウェイ)

こちらで試聴できます

1. Song Lives On ザ・ソング・リヴズ・オン
2. Fever フィーヴァー
3. Come Along with Me カム・アロング・ウィズ・ミー
4. Living in Blue リヴィング・イン・ブルー
5. Street Life ストリート・ライフ
6. When Your Life Was Low ホエン・ユア・ライフ・ワズ・ロウ
7. One Day I’ll Fly Away ワン・デイ・アイル・フライ・アウェイ
8. When the World Turns Blue ホエン・ザ・ワールド・ターンズ・ブルー
9. For All We Know二人の誓い
10. Bitter Sweet ビター・スウィート
11. Long Way from Homeア・ロング・ウェイ・フロム・ホーム
12.It’s A Sin to Tell A Lieイッツ・ア・シン・トゥ・テル・ア・ライ

独特のピアノ・プレイヤーだった、ジョー・サンプルも1994年、日本公演の折、大阪で心臓発作に倒れ、奇跡の復帰をしたのも、もう15年余り前のことになりました。このアルバムは復帰後発売された素敵なデュオ・アルバムです。
ジョー・サンプル(Joe Sample)は、1939年、ヒューストンの生まれ。ピアニスト。5歳のころからピアノをはじめ、1952年には、中学の仲間とバンドを組み、1960年には、「ジャズ・クルセイダーズ」の名で、デビュー。1972年には、クルセイダーズと改名、アルバム「street life」が大ヒット。1988年、解散。2002年再結成。

レイラ・ハザウェイは、巨星ダニー・ハサウェイ(45~79年)の愛娘。母親はオペラ歌手、姉もシンガーという音楽一家の家族に育ちました。10歳で父を亡くし、やがてバークリー音楽院に進学。ソウル/R&B魂こもったハスキーな歌声がとてもチャーミングです。

今回もまたまたビデオアーツ(videoarts)のアルバムですね。とにもかくにも全曲おすすめです。素敵な大人の時間を感じさせるできあがりなのです。
その中でも特におすすめは、なんといっても、セルフコピーの「ストリート・ライフ」(Street Life)。レイラ・ハザウェイの太く厚みがあってそしてソウルフルな歌声とそのふしまわしのうまさが、天下一品です。そして、もう1曲もセルフコピーの「ホエン・ザ・ワールド・ターンズ・ブルー」(When the World Turns Blue)。泣かせるピアノと彼女の歌唱。まさにデュオ・アルバムならではのできあがりです。

夏を思う夜におすすめの上質の、しぶさが素敵な1枚です。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。