投稿者 undecuplet | 2010/04/11

超名盤 Stan Getz / Kenny Barron スタン・ゲッツ / ケニー・バロン / People Time

peopletimestangetzkennybarron今日は一日、あたたかい春の日でした。青山の界隈でも、オープン・マーケットが開催されていて、多くの人がとても楽しそうに行き交っているのを見ると、こちらの気持ちもほわっとしてくる、そんな時間でした。

今日は、久々のデュオ・アルバムです。傑作のほまれ高いスタン・ゲッツとケニー・バロンによるピープル・タイムです。

Stan Getz / Kenny Barron スタン・ゲッツ / ケニー・バロン / People Time

こちらで試聴できます

ディスク:1
1. East of the Sun (And West of the Moon)
2. Night and Day
3. I’m Okay
4. Like Someone in Love
5. Stablemates
6. I Remember Clifford
7. Gone With the Wind

ディスク:2
1. First Song (For Ruth)
2. There Is No Greater Love
3. Surrey With the Fringe on Top
4. People Time
5. Softly, As in a Morning Sunrise
6. Hush-A-Bye
7. Soul Eyes

1991年の3月3, 4, 5 & 6日にコペンハーゲンのカフェ・モンマルトルに出演したライブ盤です。この収録3ヶ月後に亡くなったスタン・ゲッツにとって実質的に最後の録音となりました。

1曲、1曲のこころのこもり方が素晴らしいのひとことにつきます。演奏の終わったあとの拍手までの静寂が、会場にいた観客と演奏者との一体となった集中の度合いの深さを語っているようです。

病に侵された満身創痍の状態で亡くなる直前のものとは到底思えないくらい好調に聴こえますが、後年ケニー・バロンは、ゲッツがソロを終える度に息を切らしていて体調が良くないことは一目瞭然だったと語っています。

このライブは2枚組の『ピープル・タイム』として収められ、ゲッツ晩年の最高傑作としてファンの間ではとても知られた存在でしたが、最近、この時のライブの完全版が7枚組のアルバムとして再発売されたのも、なるほどと思います。傑作アルバムです。

※コンプリート盤についても投稿しました
https://undecuplet.wordpress.com/2010/04/20/people-time-complete/

※「スタン・ゲッツの泣き節が炸裂~アーサー・フィードラー指揮ボストン・ポップスとの競演:STAN GETZ & ARTHUR FIEDLER AT TANGLEWOOD BOSTON POPS」 新規投稿しました http://bit.ly/clQ0xh

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。