投稿者 undecuplet | 2010/04/16

「トラヴェシーア( Travessia )」は、実現した夢なのだ~ミルトン・ナシメント(Milton Nascimento)

travessia今日の東京は寒い一日でした。あたたかな歌声を求めて今夜の一枚は、ミルトン・ナシメントです。

トラヴェシーア Travessia
ミルトン・ナシメント Milton Naschimento

1. トラヴェシーア Travessia
2. トレス・ポンタス Tres Pontas
3. 信じる心 Cenca
4. イルマォン・ヂ・フェー Irmao de FE
5. 塩の歌 Cancao Do Sal
6. 風車 Catavento
7. モーホ・ヴェーリョ Morro Velho
8. ジラ・ジロウ Gira Giro
9. マリア,ミーニャ・フェー Maria, Minha FE
10. 十月 Outubro

ブラジルでは親しみを込めて、”A Voz do Brasil”(ブラジルの声)と呼ばれているミルトン・ナシメント。67年にリリースしたデビュー・アルバムは長らくCD化されておらず幻の作品とされてきました。その「トラヴェシーア」がミルトンが60歳となる2002年にリマスタリングされてブラジル国内で初CD化、そして翌03年には日本でもリリースされましたた。今回ご紹介するのはその日本盤です。

まずは1曲目からいきなりの名曲「トラヴェシーア」です。独特の歌声と何かを包むような安心感とでもいうべき曲づくり。ミルトン・ナシメントはミルトン・ナシメントでしかない・・そんな感覚にとらわれます。そしてまたこのアレンジがデオダート(Eumir Deodato)らしいオーケストレーション。

このあたりの経緯、ライナーノーツに彼自身のことばで触れられているので、ちょっと引用してみましょう。

このアルバムは、僕にとって決定的に重要な位置を占めている。自分の最大の夢の一つがここに実現したからだ! タンバ・トリオと知り合って以来、僕はずっと彼らとレコーディングしたいと思っていた。アルバムを作る話が来た時、伴奏は当時すでにタンバ4となっていたタンバでなければイヤだと、僕は言った。しかし、最初のアルバムからルイジーニョ・エサのアレンジでやれるとは、本当に祝福されていたとしか思えない。

2曲だけは、エウミール・デオダートによるオリジナルのアレンジをルイジーニョが変更して用いている。なぜかというと、1967年に国際歌謡フェスティバルに参加した時点で、エウミールはすでに僕の後見人となっていたからだ。僕はフェスティヴァルに「トラヴェシーア Travessia」「モーホ・ヴェーリョ Morro Velho」と、マエストロのリリオ・パニカーリのアレンジでアゴスチーニョ・ドス・サントスが歌った「マリア、ミーニャ・フェー Maria, minha fe」の3曲でエントリーしていた。本当は、最後のもの以外の曲はエリス・レジーナに歌ってほしかったのだが、翌日には米国へ発とうとしていたエウミールが、僕が歌うのでなければアレンジは書かないと言った。そんなわけで、僕自身で歌う決心をしなければならなくなった。

そして、すべては「トラヴェシーア」があのフェスティヴァルで2位を獲得したことから始まった。しかもこの曲は、エントリーした3曲の中では有望株でもなんでもなかった。みんな「モーホ・ヴェーリョ」を推していたのに、審査員は「トラヴェシーア」に賞をくれたのだ。

(中略)

このアルバムの時代、すべては2チャンネルで録音されていた。オーケストラを含むすべての楽器が一緒に奏でられており、ヴォーカルだけが別録音だった。一番、収録が困難だったのは「マリア、ミーニャ・フェー」だ。この曲にはリズムがなく、コンサートみたいだからだ。僕らは、何もかも一緒に録音しなければならなかった。僕はヴィオラォンを手にして、片足を坊主椅子にのせ、マイクを前に立った。眼前にはオーケストラの面々が並び、ルイジーニョが指揮している。さらに曲は、2つの全く異なるパートに分かれてもいた。より静かな第1部に、少しテンポの速い2部が続き、それがほとんど静止するくらまでに戻り・・再び始まる、僕らは、僕のヴィオラォンの低音をリズムの基準にしたこともあったのだが、間もなく別の楽器にシフトしなければならなかった。本当に難しかった。信じられなかったのは、それでいっぺんに成功したことだ。全員が本当に真剣に取り組んでいて、しかも楽しんでやっていたから、うまくいったのだと思う。それに、言うならばあれは、レコーディングするには最良の時期だった。

(中略)

それはもういろいろと、エピソードがあった。アルバムが完成すると、僕自身信じられなくなってしまったほどだ。僕はずいぶん泣いた。アルバムを聴いては泣いた。作品に首っ丈になっていたのだ。レコードをかけていない時には、腕に抱いていた。そして、どこへでも、持っていった。それこそ映画館の中へも!

「トラヴェシーア」は、実現した夢なのだ。

もともと父はなく、母も幼くしてなくしたミルトン・ナシメント。その生涯にはさまざまなことがあったのでしょうが、だからこそ、この彼の語る『「トラヴェシーア」は、実現した夢なのだ』ということばに、まさにその重みを感じるのです。

素敵な歌声です。おすすめの1枚です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。