投稿者 undecuplet | 2010/04/17

贅沢なデュオ・アルバム:カティア・ラベック/シェイプ・オブ・マイ・ハート~Katia LABEQUE SHAPE OF MY HEART(feat. スティング、チック・コリア、ハービー・ハンコック、ゴンサロ・ルバルカバほか)

labeque季節はずれのみぞれの降る夜、ふしぎなアルバムの登場です。ラベック姉妹の姉、カティア・ラベックとさまざまなアーティストのデュオ・アルバム。お相手はといえば、スティング、チック・コリア、ハービー・ハンコック、ゴンサロ・ルバルカバほかとつづきますから、なんと贅沢のとりあわせでしょう。

カティア・ラベック/シェイプ・オブ・マイ・ハート
Katia LABEQUE   SHAPE OF MY HEART

・スティング/テスカリ編:ムーン・オーヴァー・バーボン・ストリート(スティング&カティア)
・スティング/マリク編:シェイプ・オブ・マイ・ハート(スティング&カティア)
・エヴァンス/コリア&マレス編:ウィ・ウィル・ミート・アゲイン(チック・コリア&カティア)
・ロジャース&ハート/ハンコック&ラベック編:マイ・ファニー・ヴァレンタイン(ハービー・ハンコック&カティア)
・ショパン:前奏曲第4番ホ短調Op.28-4(カティア)
・レディオヘッド・マリク編:イグジット・ミュージック(カティア・ラベック・バンド)
・シャルマン:ノーツ・トゥ・ザ・フューチャー(カティア&ビー・フォー・バン)
・レノン&マッカートニー/シャルマン編:ビコーズ(ダヴィッド・シャルマン&カティア&ビー・フォー・バン)
・ベラスケス/ルバルカバ編:ベサメ・ムーチョ(ゴンサロ・ルバルカバ&カティア)
・サティ:グノシエンヌ第3番(カティア)
・シャルマン:パープル・ダイアモンド(ダヴィッド・シャルマン&カティア)
・ハーマン:歌劇『嵐が丘』より瞑想曲(カティア)

カティア・ラベック(ピアノ)
スティング(ヴォーカル)
チック・コリア(ピアノ)、ハービー・ハンコック(ピアノ)
カティア・ラベック・バンド
ビー・フォー・バン(ピアノ)、ゴンサロ・ルバルカバ(ピアノ)
ダヴィッド・シャルマン(ヴォーカル&ギター)

まずは、輸入元の紹介をみてみましょう

■アルバム・タイトルにもなっているスティングの「シェイプ・オブ・マイ・ハート」で絡み合うヴォーカルとピアノ。チック・コリアとのデュオが紡ぐあまりにも儚く美しいビル・エヴァンスの「ウィ・ウィル・ミート・アゲイン」。そしてハービー・ハンコックとのデュオで贈るジャズのスタンダード・ナンバー「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」や、ルバルカバとカティア、そしてラテンのリズムとジャズのインプロヴィゼーションがドラマチックに出会った「ベサメ・ムーチョ」など、収録12トラックはどれも甲乙つけがたい眼から鱗の演奏ばかり。

■収録曲は他にも、英国のロック・バンド“レディオヘッ ド”の作品「イグジット・ミュージック」や、ビートルズの作品「ビコーズ」、カティアのピアノ・ソロではショパンや、エリック・サティの作品も収録するなど多彩。メロディアスな曲の中から垣間見られる内に秘めた熱い情熱と独創的な表現力が聴き手の想像力を掻き立てる。ジャンルの枠を越えたゴージャスでスペ シャルなクロス・オーヴァー・アルバムの登場です!

ふしぎなアルバムです。通常のデュオ・アルバムはたいがい仲良し組だったりするので、互いに補完しあというか、互いを助け合うのですが、今回のこのアルバムでは、いい意味で、どのふたりも水と油のように混じり合わないのです。

たとえば、ビル・エヴァンスで知られる『ウィ・ウィル・ミート・アゲイン ( we will meet again ) 』 まるで、ビル・エヴァンスのソロピアノを彷彿とさせるオープニング。しかし展開部は、チック・コリア( Chick Corea )とカティア・アベックというおもむきのまったく異なるふたりのピアニストがまったくそれぞれが弾いているかのごとく奏でられるまったく新しい『ウィ・ウィル・ミート・アゲイン ( we will meet again ) 』がきこえてきます。

アルバム・タイトルにもなっているスティング(sting)の『シェイプ・オブ・マイ・ハート( Shape of my heart )』で絡み合うヴォーカルとピアノ。スティングの哀しいヴォーカルが、淡麗なピアノ伴奏に見事に浮かび上がってきます。しかし、それも、あくまでスティングであり、カティアであるということを失わないままです。

実は、このあたりが、このアルバムの魅力なのです。常にカティアがいて、それに対抗するアーティストがある・・芸というもののある種の存在の仕方に、次第に気づいてくるとなかなか興味深く、さまざまな組み合わせを楽しめてくるのです。一聴をおすすめします。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。