投稿者 undecuplet | 2010/04/30

すでに怪物だった・・ショパン・コンクールのポゴレリッチ(IVO POGORELICH)

great chopin perfomers3昨日のライヴがあまりに印象的で、昨日の「シャルル・デュトワの夜~やっぱり、ラ・ヴァルスといえばデュトワ。そしてロックなポゴレリッチ」にひきつづき、今日はショパン・コンクールの時のポゴレリッチです。

栄光のショパン・コンクール3
ダン・タイ・ソン & ポゴレリッチ

1. 舟歌嬰ヘ長調op.60
2. 3つのマズルカop.59
3. 24の前奏曲op.28~第21番変ロ長調/第22番ト短調/第23番ヘ長調/第24番ニ短調
4. バラード第2番ヘ長調op.38
5. ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op.35「葬送」
6. 練習曲ヘ長調op.10-8

(1. DANG THAI SON)
(2.~6. IVO POGORELICH)

1980年の第10回のショパン・コンクールの録音盤です。よく知られているように、この年のショパン・コンクールは大荒れでした。まずは、極度に個性的なユーゴスラヴィア出身のポゴレリッチが二次予選に通過したことに憤慨し、英国の審査員、ルイス・ケントナーが席を立ち、逆に彼が第三次予選を通過できなかったことで、審査員、マルタ・アルゲリッチは審査員を辞任して帰国してしまいます。また、ポーランドの審査員、リディア・グリフトウォーヴナ教授は、ポゴレリッチはソナタを冒涜したと語ったといいます・・。
結局のところ、優勝は、ダン・タイ・ソンになるわけですが、その後のふたりの活躍をみても、この年は本当に象徴的な年だったのかもしれません。

1曲目はダン・タイ・ソン。舟歌を見事に優雅に弾きます。現在のダン・タイ・ソンに比べ、より情熱的で華麗なショパンです。しかし、本当にうまい。

2曲目からは、話題のポゴレリッチ。可変的テンポのポゴレリッチ節は、このときからまさにそうなのですね。強烈な自己主張は、小気味よくさえあります。マズルカは、強い鍵盤裁きと情熱的な風情。そして、「葬送行進曲」。これは、自在なテンポといい、いまのポゴレリッチを彷彿とさせるもの。左手の技巧はこのときから、本当にすぐれていて、音楽的にもとてもチャーミングであったことがわかります。「練習曲」は、うってかわって、高速気味。それでも左手が強く奏でる音楽の構造ラインは、最初は違和感があってもクセになりそうです。どうあれ、彼の精神はこのときからすでにロックだったのです・・。

現在は廃盤となっており、なかなか入手が難しいかもしれませんが、ぜひとも、機会あればおききください。興趣深く楽しめる1枚です。

※「ラヴェル:マ・メール・ロワ/クープランの墓/優雅で感傷的なワルツ デュトワ&モントリオール」 投稿しました http://bit.ly/aU0ItU
※「ラ・フォル・ジュルネにはいけなかったけれど・・イー ヴォ・ポゴレリッチ(IVO POGORELICH)「新進気鋭」時代のしびれるピアノソナタ」を投稿しました http://bit.ly/cqZAMn

広告

Responses

  1. […] ラヴェル:マ・メール・ロワ/クープランの墓/優雅で感傷的なワルツ デュトワ&モントリオール Ma Mere L’oye/Le tombeau de Couperin/Valses Nobles et Sentimentales Charles Dutoit & Orchestre symponique de Montreal 一昨日のライヴの興奮がさめやらず、「シャルル・デュトワの夜~やっぱり、ラ・ヴァルスといえばデュトワ。そしてロックなポゴレリッチ。」「すでに怪物だった・・ショパン・コンクールのポゴレリッチ」にひきつづき、今日はデュトワです。 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。