投稿者 undecuplet | 2010/05/09

ジャズでロックな「いい日旅立ち」~矢野顕子「ここが音楽堂!」ツアー、まさに「音楽堂」の夜

矢野顕子さんの音楽堂ツアー~最終日が、このアルバムの誕生の地でもある、「よこはま音楽堂」でありました。

曲目は、次のとおり。

1.グッドモーニング
2.へびの泣く夜
3.My Love
4.きょうのわたくし
5.変わるし
6.In Her Family
7.Say It Am’t So
8.嘆きの淵にある時も
9.恩赦
10.きよしちゃん
11.右手
12.さあ冒険だ
13.ひとつだけ
・中央線
・いい日旅立ち

弾き語りは、やはり、矢野さんのある種の原点だとまさに証明するようなコンサートでした。自由自在なピアノ、歌とあいだにはさまるMC・・・矢野さんのライブにいくといつも感じることですが、これらのもの全部がひとつのパッケージとなっていて、すばらしく完成度の高いライブになっているのです。
(なので、本日も放送局の中継スタッフが入っていましたが、音楽だけつまんだものをVTRで視聴すると、当日のライブとは変質してしまって、異なる感触のものを鑑賞することになるような気もします)
アルバム「音楽堂」からの曲が多かったですが、一方、そうでない曲もなかなかでした。忌野清志郎さんの「恩赦」は、彼のオリジナル以上に圧巻でしたし、「ひとつだけ」は、声のオクターブを自在に操り、こころに響くものでした。

そして、最後の最後、大トリは、「いい日旅立ち」。いや、やはり、彼女の根幹はロックなのですね。フリージャズライクなピアノ、そして歌唱における原曲の壊し方と再構成のバランス、原曲のもつ微妙な感性の伝え方がまさにロックなのです。ここでしか、この瞬間でしか聴けない、すばらしい「いい日旅立ち」でした。

まさに、「音楽堂」ならではの「音楽堂ライヴ」・・素敵な一夜でした。

※関連投稿
棚からひとつかみ~YMOの萌芽そのものに矢野顕子さんの最高なライヴ:東京は夜の7時 http://bit.ly/cqHtSv
スタンウエイ・ピアノの弾き語り~矢野顕子(YANO AKIKO):音楽堂 http://bit.ly/c9K90e
まもなく音楽堂ライヴ!~矢野顕子、こころに響くピアノ弾き語り:ピヤノアキコ。 http://bit.ly/cgg8Pn


Responses

  1. 私も同じ場に身を置き、ふるえた一人です。
    これまで体験した矢野さんのライブの中で、もっともガツンとくるものでした。
    とくに「In her family」を聴いているとき。
    「音やリズムが生み出される瞬間を分け合う、このワクワクとする感覚は忘れずにいよう」って、脳の端っこで思いながら聴いていたことだけ覚えています。

    ばたばたと会場を後にし、プレイリストをじっくり確認する間がありませんでしたので、記事を機会にふりかえることができました。紹介くださり、ありがとうございました。

    • コメントありがとうございます。僕もいろいろな矢野さんの音楽スタイル、それぞれの姿をそれぞれに気に入っているのですが、それにしても、先日は本当にいいライヴでしたね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。