投稿者 undecuplet | 2010/05/26

清水靖晃 in 京都 ファッション カンタータ の夜

京都商工会議所の主催による「ファッション カンタータ from KYOTO」が5月22日土曜、京都、嵯峨にある大覚寺で行われました。

毎年、京都発のファッションが公開されているこのイベントは、今年は初の屋外。演出は、中野裕之氏。メインキャストに原田知世、ゲストモデルに杏、音楽は、清水靖晃&サキソフォネッツ 岡野弘幹、音響は金森祥之というとても贅沢な催しでした。

京都山陰線、嵯峨嵐山から車で5分くらいの大覚寺。その広い境内にステージがつくられ、そこに京都コレクション協議会の方々による和装15点、洋装はミナ ペルホネンの多数の衣装が見事なファッションショーとして繰り広げられます。

清水靖晃さんは、オープニングとエンディングに登場。オープニングは、まずはステージ左右それぞれから、林田さんと江川さんのソロパフォーマンスによる「ネフェルッティー」。左右の音が掛け合いになって、このようなイベントのトップパフォーマンスとしては、まさに真骨頂なもの。掛け合いの空気は、かつてのブラスロックグループ・チェイスを思い出されるような、ちょっとした音のズレ感が立体的でいいのです。まさに金森さんらしい音響ぶり。そののち、中央から清水さんをはじめとしてサキソフォネッツ2名が登場し、5人あわせてプレリュード。屋外ファッションイベントとしての、異次元の感覚の演出として中野さんが用意したこのパフォーマンスは時間もほどよく、見事に観客を一体化させたのでした。

そののち、和装のコレクション、そして洋装へ。原田知世さんの「時をかける少女」などの歌があり、展開していきます。それぞれの衣装の凝った意匠と寺院の背景と素敵なコントラストを提示して、見ごたえあふれる感じです。

そして、エンディング。今度は清水靖晃さんとサキソフォネッツが全員で登場。「ジーク」をそれぞれの身振りで、全身を使って奏でるまさにサキソフォンの競演。いい感じで空間を切り裂く感じが、ショーに華を添える試みとして見事に開花したのでした。中野さんの演出の計算がすべてはまった・・完璧とも思えるイベントでした。

ショーは、17時から、18時45分から、20時30分からと3回行われました。僕自身は1回目、2回目を見たのですが、特に2回目は、ショーの始まるころから暮れ始め、終わりには、夜のライティングが映えるその薄暮の移り変わりさえも借景にしてしまった見事な演出でした。

「ファッション」と「京都」といった対極的な非日常的な感覚に、音楽をさらに付与して三角形をつくるという試みは、まさに清水靖晃さんにはうってつけのもの。サキソフォンのバッハは、国籍を超えた感覚があり、京都の寺社の持つ強力なパワーと見事に拮抗したのでした。中野さん、清水さんの創造する完全主義的な構図に惚れ惚れとした一夜でした。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。