投稿者 undecuplet | 2010/06/04

パーフェクト・ショパン・ライヴ~ダン・タイ・ソンの夜(chopin dang thai son)

今夜は待ちに待った、ダン・タイ・ソンのコンサート。紀尾井ホール。お客さまの平均年齢はちょっと高めだけれど、いつものように上品な方々でホールは満席。颯爽と登場したダン・タイ・ソンは、いつものごとく無表情にクールに弾き始めた。

ショパン・ダンス
ダン・タイ・ソン

8つのワルツ
・ホ長調 (遺作)
・イ短調 op.34-2(華麗なる大円舞曲)
・ヘ長調 op.34-3(華麗なる大円舞曲)
・変ニ長調 op.70-3(遺作)
・変イ長調 op.42(大円舞曲)
・嬰ハ短調 op.64-2
・変ト長調 op.70-1(遺作)
・変イ長調 op.34-1(華麗なる大円舞曲)

ボレロ ハ長調 op.19

タランテラ 変イ長調 op.43

(休憩)

ポロネーズ第七番変イ長調 op.61
(幻想ポロネーズ)

6つのマズルカ
・ト長調 op.50-1
・変イ長調 op.50-2
・嬰ハ短調 op.50-3
・ロ長調 op.63-1
・ヘ短調 op.63-2
・嬰ハ短調 op.63-3

ポロネーズ第六番 変イ長調 op.53
(英雄)

(アンコール)
ショパン:マズルカ イ短調 op.17-4

ダン・タイ・ソンのピアノ・プレイはもはや完璧なのだと思う。繊細で確実なストローク、タッチ、音量、リズム・・そのすべてが狂いもないかのごとく、無表情に、しかし自信たっぷりに奏でる。

そこからでてくる音は、演奏者が予期したとおりの音であり、そこに、演奏家と演奏曲との完璧な関係がみてとれるのだ。気持ちいい。

その中でも圧巻は、最後の英雄ポロネーズだろう。それまでの、端正な弾きっぷりとはうってかわって、大音量のたたきつけるような、ポロネーズ。途中ミスタッチのようなものがあり、やや前半苦戦気味だったが、それでも後半もりかえすと、強い左手のリズムのもとに、おそいかかるような演奏。これは、これで、彼の中を自由奔放にめぐる何かを表出させたような、それまでの抑制のきいたショパンとはまったく別物のようなショパン。そして、そのどちらもが、ダン・タイ・ソン的で、とてもチャーミングなのだ。

最後のアンコールのマズルカは、うってかわって静寂なタッチ。まるでアーティスティックなジャズを聴いているかのよう。全盛期のビル・エヴァンスをさらに超繊細にして、こころのおもむくままに大切に奏でたらこうなった・・とでもいうべき1曲。英雄ポロネーズの力強いタッチで、すでにピアノがだいぶやられてしまっていることもあるけれど、1枚ベールをかぶったような音色でありながらも、それでいて奏でられる洗練されたタッチと抑揚は、あらためてダン・タイ・ソンの幅広い音楽性を感じさせる。

無表情でいて、それでいて熱い・・その落差がまさにダン・タイ・ソンの魅力であり、そのしたたかさにアジアの個性の一端をみた気もする。すばらしいテクニックに裏打ちされ、しかしその中に流れる熱くほとばしる熱情・・アンビバレンツなアーティストの魂を十分に堪能できた一夜だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。