投稿者 undecuplet | 2010/06/06

まもなく来日~ゲイリー・バートン & 小曽根真:face to face / gary burton & makoto ozone [1994]

ゲイリー・バートンさんと小曽根真さんのデュオアルバム。このアルバムの録音された1994年当時、ブルー・ノート・東京は、まだ移転前で、手狭な小屋だったけれど、アーティストと観衆との近さが、いい密集度感になっていました。そこではじめて、ふたりの演奏をみたときの新鮮な感動を、つい最近のことのように思い出します。

face to facegary
burton & makoto ozone

1. Kato’s Revenge
2. Monk’s Dream
3. For Heaven’s Sake
4. Bento Box
5. Blue Monk
6. O Grande Amor
7. Laura’s Dream
8. Opus Half
9. My Romance
10. Times Like These
11. Eiderdown

このふたりについては、以前にも書いているので、あらためて記すこともないかもしれませんが、ヴィブラフォンの名手、ゲイリー・バートンの軽やかなばちさばきが、小曽根さんの切れ味のよいピアノとよい感じでミクスチャーされ、チック・コリアさんとのデュオとはまた違った、楽しい演奏を聴かせてくれます。

このアルバムでは、小曽根さんのオリジナル曲が4曲演奏されているのですが、それが他の古典的なスタンダード曲と対比的に組み合わされていて、いい感じでの彩りを与えていていいのです。というのも、これらの曲では、特に、ゲイリー・バートンさんのヴィブラフォンの展開が魅力的な部分が多いからでしょうが、そのあたり、小曽根さんの巧みな演出な気もします。

さて、いよいよ彼らの来日コンサート・ツアーがはじまりました。今年は何回か通えそうなのですが、まずは、明日、久々に彼ら2人組の音色を聴くことに。はやこころが踊ります。

[ゲイリー・バートンさんに関する関連投稿]

まさに、ピアソラのグルーブ感そのままに・・・ゲイリー・バートンのピアソラ・アルバム[GARY BURTON LIBERTANGO ~ The music of Astor Piazzolla](2000)
https://undecuplet.wordpress.com/2010/05/31/1019/

スタン・ゲッツの泣き節が炸裂~アーサー・フィードラー指揮ボストン・ポップスとの競演:STAN GETZ & ARTHUR FIEDLER AT TANGLEWOOD BOSTON POPS
https://undecuplet.wordpress.com/2010/05/03/bostonpops/

チック・コリアとゲイリー・バートン~オーケストラとの見事な共演:THE NEW CRYSTAL SILENCE /CHICK COREA & GARY BURTON
https://undecuplet.wordpress.com/2010/04/08/new-crystal-silence/

VIRTUOSI:ゲイリー・バートン&小曽根真/Gary Burton & Makoto Ozone
http://bit.ly/c1pDwg

ゲイリー・バートン(GARY BURTON) &小曽根真(MAKOTO OZONE)
http://bit.ly/a1OsQD

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。