投稿者 undecuplet | 2010/06/07

天賦の才、ゲイリー・バートン(Gary Burton)と小曽根真(Makoto Ozone)の至極のデュオ、来日ライヴ。

ゲイリー・バートンさんの第一音が聞こえた瞬間から、もうまったくの別世界。天賦の才により悦楽の別世界へと導かれた感じです。
久々に聴くデュオでの彼らの音色に、かつての記憶の中にある音とあまりに異なっていたらどうしようという不安は瞬く間にふっとび、さらに前進し、かつ抑制のきいた音楽世界が広がりました。

弾きなれないだろうホールのスタンウエイ・ピアノと、わずか3オクターブのビブラフォンから奏でられるものとは思えないほどの広がりのある音楽世界が、現実のものとしてそこに存在することを真実ととらえ、驚愕をもって幸福を感じながらそこに身をおく自分を感じます。

Makoto Ozone & Gary Burton
in GreenHall Sagamiohno

Mongo Santamaria : Afro Blue
Milt Jackson : Bag’s Groove
Chick Corea : Bud Powell
Makoto Ozone : I need you here
Makoto Ozone : Crystal Love

Domenico Scarlatti : Sonata No.20
Maurice Ravel : Prelude from “Le Tombeau de Couperin”
George Gershwin : Piano Concerto in F 3rd Mov.
Astor Piazzolla : Laura’s Dream
Makoto Ozone : Kato’s Revenge

ライヴは2部構成。特に、後半のラインナップは聴きたかったものすべてが凝縮されていて、聞き逃せない曲の数々。

アルバム「VIRTOUSI」から、スカルラッティのソナタ、ラヴェルのクープランの墓、ガーシュインのピアノコンチェルト in  Fとつづき、聴きたかったピアソラ、そして昨日のこの欄でも紹介したface to face のアルバムからもっとも印象的な曲、KATO’s REVENGE。

クープランの墓では、ゲイリー・バートンさんが一瞬音を間違える瞬間があったのですが(随分と数多く彼のライヴをみてきましたが、はじめてみた瞬間でした)、後半みごとにもりかえし、事なきを得、つづけて演奏されたガーシュインでは、難曲だろうけれど、見事に華やかに、軽やかに演じきり、喝采の拍手をあびていました。

小曽根さんは、いつもながらの軽やかなスピーチ。ゲイリーさんから「まずは作曲しろ。自らの曲が愛されるようになってこそ、愛されるアーティストになる」と教わったとの昔話をしながら、今回は、小曽根さん作曲の何曲かを披露。特に、KATO’s REVENGEでは、ゲイリーさんにも難しかろうと思って作曲したが、見事に初見で弾かれてしまった・・というエピソードのあと、本当に難曲だと思われますが、ふたりの息が見事にあって、終了。いい意味で緊張感のとぎれない素晴らしいパフォーマンスでした。

最後、アンコールが2曲あり、観衆の鳴り止まぬ拍手の中、ライヴは感動のうちに終了しました。

日曜の昼下がり、相模大野のグリーンホールで聴いた音色の数々は、また深く記憶に刻まれるもの。まだまだつづく彼らの来日ツアーがさらに楽しみになってきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。