投稿者 undecuplet | 2010/06/09

バッハからピアソラまで:ガリアーノの夜( Bach, Piazzolla ~ Richard Galliano at BlueNote TOKYO )

アコーディオン奏者、リシャール・ガリアーノの来日ライブをブルーノート東京で聴きました。前回僕が聴いたのは、紀尾井ホールだったからもう3年ぶりになるでしょうか。そこには、ミュージック・ラバーとして天賦の才を受けたアーティスト、ガリアーノの変わらぬ姿がありました。

今回のユニットは、ギター、ベースとのトリオ。ガリアーノさんの演奏は、常に、自らを探り出すように深く深く音楽はいろどりをます。それでいながら、演奏が終わると常にとてもやさしい笑顔。そのほほえみに、音楽の緊張を解かれた気持ちよい弛緩が広がり、聴衆すべてが、ほっと一息つきながら音楽への愛を共にすることになるのです。

それにしても、彼のアコーディオンは、本当に息をしているよう。それが明らかになるのが、ピアニカのように鍵盤がついた吹奏楽器アコーディナの演奏。息つぎの感覚が本当に音楽そのものの歓びのグルーブであり、いわば歌そのものなのです。

バッハの無伴奏ソナタも、ピアソラのメロディーの数々も、どちらも、自らが人間の本心に帰って、自然と泣きたくなってしまうような、自然な感動に満ちていて、このような音楽をつむぎだすひとは、本当に、いわゆる HEAVEN’S GIFT を受けた人なのだろう、とあらためて感じました。

今週は、ゲイリー・バートン、リシャール・ガリアーノと、それぞれの世界で、それぞれに並び称する人を見いだせない天才たちの輝きに触れることができ、素晴らしい週のスタートとなりました。

■最近のガリアーノ関連投稿
ガリアーノの夜 ふたたび ~ ウィントン・マルサリス & リシャール・ガリアーノ ライヴ・イン・マルシアック THE WYNTON MARSALIS QUINTET & RICHARD GALLIANO LIVE IN MARCIAC[2010]
https://undecuplet.wordpress.com/2010/06/16/live-in-marciac/

リシャール・ガリアーノ(Richard Galliano):フランス・シャトレ劇場ホワイエでのライブ(PARIS CONCERT LIVE at the Theatre du chatelet)
https://undecuplet.wordpress.com/2010/03/12/449/

パリの味わいあふれる極上のデュオ、エディ・ルイス&リシャール・ガリアーノ:フェィス・トゥ・フェイス  EDDY LOUISS RICHARD GALLIANO FACE TO FACE (2002)
https://undecuplet.wordpress.com/2010/06/01/facetoface/


Responses

  1. […] バッハからピアソラまで:ガリアーノの夜( Bach, Piazzolla ~ Richard Galliano at BlueNote TOKYO ) https://undecuplet.wordpress.com/2010/06/09/bach-piazzolla-galliano/ […]

  2. […] バッハからピアソラまで:ガリアーノの夜( Bach, Pia… への […]

  3. […] バッハからピアソラまで:ガリアーノの夜( Bach, Pia… への […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。