投稿者 undecuplet | 2010/06/12

王道のショパンの極み:ツィメルマン来日公演 よこはまの夜

結局、ツィメルマンをどうしても聴きたくなって、横浜みなとみらいホールに馳せ参じたのでした。当日は、今年の年中行事とでもいうべきショパンプログラム。いや、期待に違わずすばらしい、これぞ本物のショパンというべき、素晴らしい演奏でした。

クリスチャン・ツィメルマン
2010.6.11 横浜みなとみらいホール

ノクターン 第5番
ピアノ・ソナタ 第2番 「葬送」
スケルツォ 第2番

バラード 第4番
ピアノ・ソナタ 第3番

ショパンは、軽やかなもの・・というイメージがどこかにあるかもしれませんが、そういった柳のようなショパンを演じるひともあれば、ツィメルマンのように堂々と構造的に見事に完成された楽曲として提示する人もいます。当日のツィメルマンの演奏はまさに、その見本のようなもの。
なかでも、あの「葬送」が、なんとも見事なパッケージでした。消え入るような弱音から、細やかな運指、それと全体骨格をうたう部分・・・2000人のホールのすべての客に、誰にも伝わるような見事なパフォーマンスなのです。ピアノが大きく見えたとでもいえばいいでしょうか。

ツィメルマンだからこそできるのでしょうが、自らのピアノを持ち込み、最良の状態で、最良の音楽を奏でる。その演奏に対する完全主義的な求め方のレベルが他のアーティストと比較しようのないほどに、迫力が伝わってくるのです。

そのツィメルマンも、朝日新聞での彼へのインタビューを見ると、来年は休業だとか。

来年は公の演奏活動を休止し、長期休暇をとる。「音楽以外の理由があるが、それは話せない。実は、教会やバーでも弾いてみたいんだ。ジャズとか」と話 す。

バーゼル周辺に点在する村々の教会を会場に小さなリサイタルを開くことがある。「今、これが弾きたい」と感じた音楽の魅力を聴衆と共有したいという。

「大きなコンサートだと、結婚式みたいに計画から本番まで2年もかかる。時間とともに音楽への『恋愛感情』が薄れるのは嫌なんだ」

彼の聴衆への気持ちがとてもわかるとともに、ツィメルマンがふらりと弾くジャズをぜひきいてみたくなりました。かつてグルダが両刀だったけれど、それともちょっと違う、クールなジャズが聴けそうで、未来への楽しみが増えた気がします。それにしても、ツィメルマン恐るべし。見事なコンサートでした。

関連投稿
祝・来日:ツィマーマン 最上で極上のショパン~4つのバラード・舟歌・幻想曲[1987]
https://undecuplet.wordpress.com/2010/06/11/4balladen/


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。