投稿者 undecuplet | 2010/06/18

Tokyo Copywriters’ Street Live 4

まもなく、6月26日に、Tokyo Copywriters’ Street Live が開催されます。写真は、そのチケット。57番は、僕の席の番号です。

この催し、既に3回が開催され、今度は第4回となるのですが、毎回いつもわくわくして会場に向かいます。というのも、他に類をみないふしぎな感覚のもので、ジャズやクラシックや、他の生のライヴのどれとも違う、本当に一期一会のようなものだから・・。

TokyoFMの日曜深夜に放送されている番組があって、コピーライターが書き下ろした文章が、そこでは読まれます。日常にあるようでない朗読のような感覚・・しかも、それが過去のものではなく、現代の現在進行形の空気の中で書かれたものであることが素敵なのです。

最近のものを、紹介すると・・


で、これがライヴになるといい感じの緊張感が生まれるのです。ひとつひとつのフレーズが読まれるとともに、聴衆のそれぞれの頭の中に空想の世界ができあがる・・その、それぞれは、たぶんまったく別のものなのだけれど、でも、空間というか体験を共有した・・いや、夢を共有したようなふしぎな感覚にとらわれる・・それが、なんとも癖になるいいものなのです。

毎回100名前後しか入らない、見渡せばすべてがみえるような空間での催し。このライブはもちろんチケットを買えばだれでも参加でき、僕は今回たまたま57番をいただいたのだけれど、この番号の入ったチケットを手にすると、この空間を共有できる許可を得られたような、ちょっと誇らしい気持ちになれるのです。何かこころの中の宝物のような、いとおしい感覚かな。おすすめな催しです。お時間のある方はぜひ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。