投稿者 undecuplet | 2010/07/19

哀しい一週間

この一週間、僕のこころのまわりに訃報があいついだ。

スタッフのひとりの御尊父が急逝された。不条理な気持ちにとらわれた。危篤ときいて、かけつけたスタッフの彼女はまにあわなかった。僕は、お通夜に向かう飛行機と列車にのりつぎながら、空虚な思いにとらわれた。まるで福永の「死の島」のような、なんともいえぬ、長いこころのおきどころのない時間がそこにはあった。一年ほど前、お目にかかっているからなおさらなのだろう。元気な姿だけしか想像できないから余計、悲しみが空気のあいだをさまよっているようなそんな感じだった。

ジェイムズ・P・ホーガンが亡くなった。ツィッターでMITの石井教授のことばで知った。SF界の巨匠だ。数年前に亡くなったアーサー・C・クラークと並び、未来世界を描くには、欠かせぬ人だった。十余年前になるだろうか、ホーガン氏を取材で訪ねたことがある。マイアミにほどちかい、ペンサーコーラという田舎町にのんびりと暮らしていた、いいおじさんだった。かわいい3人のこどもたちと奥さまとそれはそれは素敵な家庭で、取材陣とご家族みんなで食事をしたのをおぼえている。

僕が彼の作品の中でいちばん気に入っていたのは、「断絶への航海」という作品。原題は、voyage to yesteryear ・・・素晴らしいタイトルだ。未来の惑星を探検隊が訪ねると、そこは人々のこころの中に「疑い」という概念が忘却された、まさに理想ともいえる国家だった。探検隊員の「市場原理」に基づいた善と悪のバランスで判断する感覚が、善しかない理想国家の国民とのあいだに次第にきしみを生じさせる。一方で、まさに「理想国家」に接した探検隊員自身が、正常な感覚とは何かという葛藤をもつにいたり、自己崩壊する者が続出するスパイラルがはじまる。「理想」を是としながらも、こころのどこかでは、それをすべては真として受け入れることはできない人間のパラドックス。私たち自身のもつ矛盾した感覚を見事に描きだした未来小説のお手本のような作品だ。この作品について随分と遅くまで語り合ったのが、つい昨日のことのようだ。そのとき、彼と僕がテーブルのどの席に座って、どのように話していたか、そんな光景までもがいまでも思い出される。

レム、クラーク、バラード、ホーガン・・・SFの巨人たちのほとんどすべてを私たちはここにきて失ってしまった。茫漠とした空気が自分の中に立ちこめている気がする。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。