投稿者 undecuplet | 2010/08/04

To Jobim With Love TONINHO HORTA (トニーニョ・オルタ)

夏は、トニーニョ・オルタである。暑ければ暑いほど彼の音楽がこころにしみる。いい感じにクールなのだ。特にこのアルバムは、アントニオ・カルロス・ジョビンのなつかしい空気がとてもおちついて、それでいて現代的にアレンジされている。

To Jobim With Love
TONINHO HORTA

こちらで試聴できます

1. Agua de Beber
2. Portrait in Black and White
3. If Everyone Was Like You (Se Todos Fossem Iguais a Você) 5:15
4. From Ton to Tom (Silent Song) 4:45
5. Cristiana 4:38
6. Meditation (Meditação) 4:35
7. No More Blues (Chega de Saudade) 6:08
8. Infinite Love 4:00
9. Promises I Made (Promessas Que Eu Fiz) 4:54
10. Modinha 3:30
11. The Girl from Ipanema (Vignette)0:40
12. Without You (Sem Você) 3:30
13. Desafinado

暑ければ暑いほど沖縄にいきたいなと、思い出す。とてつもない青空と強い光線の中、草ぼうぼうの中に一軒残る米軍キャンプのはらいさげ住宅のような光景の中で、暑さゆえに時間が動かないようなそんなところで、誰がきいているかわからないように、ラジオから流れている音楽・・だが、それはクールなジャズ・・・そんな光景にぴったりとあう音楽でしょうか・・。

暑さが人間を狂気に変えるとしたら、ある意味でその対極にある知的に静かなるサウダージにひきこむ音楽なのです。おすすめです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。