投稿者 undecuplet | 2010/08/12

my classics! 平原綾香

平原綾香の声を聴くとふしぎな気持ちにとらわれる。裏返ったようなそれでいてきちっとコントロールされたクールな響き。女声であることが魅力でありながら、やさしさというよりはもっと遠視眼的な広い包み込みを感じさせる。特にむずかしく思われるほどの低音の抑制のきいたコントロールは、ちょっと冷や冷やさせながらも、山道でスピードにのってうまくカーブを抜けたような爽快感させ感じさせる。

my classics!
平原綾香

こちらで一部試聴できます

1. pavane~亡き王女のためのパヴァーヌ
2. ミオ・アモーレ
3. カンパニュラの恋
4. ロミオとジュリエット
5. シェヘラザード
6. Moldau
7. 仮面舞踏会
8. AVE MARIA
9. 新世界
10. シチリアーナ
11. ノクターン
12. Jupiter

タイアップや、TV番組のエンディング曲に多数使われているのが、アルバムのクレジットをみるとわかる。日本語でいて、中性的でいて、ある感情を抑制をもった彼女の曲が、番組制作者たちが、何かの思いを仮託するのにとても便利に感じているのもうなずける。「カンパニュラの恋」「ノクターン」は『風のガーデン』を思い起こさせるし、「新世界」が呼び起こす「NEXT DOOR」のイメージもぴったりだ。

アルバム構成でみると、1曲目のラヴェルの「亡き王女のパヴァーヌ」からして、まさに平原節。「モルダウ」のアレンジも巧みだ。好き嫌いは分かれるかもしれないが、彼女が現状、ある種唯一無二のポジションを確立しているのはまちがない。そして、それはとてもチャーミングにうつる。全曲を一気にきいてしまった。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。