投稿者 undecuplet | 2010/09/23

キース・ジャレット・トリオ・ライブ~オーチャードホール (Keith Jarrett Trio)

久々の冷たい雨。昨日の残暑とはおそるべき対比。肌寒さについつい上着を必要とするような一日だった。

欧州出張から戻ったと思ったら、沖縄ロケがつづき、ごぶさたがつづいてしまったこのブログ。来てくださっていた方、ごめんなさい。

さてさて、今日は、キース・ジャレット。トリオの公演が、渋谷文化村のオーチャードホールで行われた。オーチャードホールは来年7月から改装に入るのだが、そのせいもあってか、ここのところ精力的な公演が目立つ気がする。

Keith Jarrett Trio

[1st]

1.Solor
2.I have Got A Crush On
3.Star Falls On Alabama
4.Conception
5.Someday My Prince Will Come
6.G- Blues

[2nd]

1.Django
2.My Ship
3.Sandu

[Encore]
2.When I Fall In Love

ステージは、舞台から袖からすべてが黒ずくめ。黒い布でおおわれ、そこにピアノ、ベース、ドラムスがおかれるという配置。そもそもクラシックのコンサートホールだからベース以外ほとんどPAはいらないのだろう。しかし、全部の楽器にこまやかにマイクロフォンがセットされていたので、録音をしていたのかもしれない。

内容は、あいかわらずの端正なピアノ。今日の彼は気分が上々のようで、笑顔がありながら、いつものようにときどき腰を浮かせては、キースのうなり節が入るという、絶好調の様子。ただ僕の席が3列目だったこともあり、ピアノ、ベース、ドラムスが3つの楽器に 分裂して聞こえるという感じもあり、そのせいもあるかもしれないが、3人のからみあいは、やや稀薄な印象もあった。

それにしても、彼のこまやかなタッチは健在。上質な感覚の音楽を十分に楽しめるキースらしい一夜だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。