投稿者 undecuplet | 2010/09/27

改編の季節

4月・10月は、放送業にとって改編の季節。だが、それにしてもこの10月は、ラジオ番組の改編というか、終了が特に多い気がしている。

j-waveの朝の看板番組、10年以上もつづいたBOOMTOWNが終了する。クリス智子さんの結婚というハッピーなニュースも束の間、あの落ち着いた上品なクリスさんの声が朝から消えると思うとさびしい気持ちがする人は僕だけではないだろう。

同じj-waveでいえば、夜の帯番組プラトンも終了する。切れ味がよく、とてもお笑いタレントとも思えないほど口跡もきれいな渡部建の生放送の終了もびっくりした。時代の旬を感じさせるゲストとディープなかライブな感じがよかっただけに、ひどく残念な気がする。

そして、もっともさびしいのは、東京FMの「Tokyo copywriters’ street」の終了だ。昨夜最終回をしみじみときいたが、ラジオというメディアとクリエイティブな感覚が、ストレートに感じられる希有な番組だったと思う。今後は、ウエブでの展開となるそうだが、ある種「現代の文学」のような香りがたちこめた貴重なプログラムだけに、放送というメディアによって偶然に聴かれなくなるのは残念だが、多くのファンにとって、これからも楽しみに聞き続けられることだけでも幸福だと思う。

外気はすっかり寒くなり、秋の雨。改編の季節がよりさびしいものとして感じられるのは、仕方のないことなのかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。