投稿者 undecuplet | 2010/10/10

MIKA & STEVE GADD MIKARIMBA  ~MIKA & スティーヴ・ガッド / ミカリンバ!

素敵な秋晴れが戻ってきた。この一週間、引っ越しのために費やされた日々だったけれど、無事、とりあえず荷物は新しい自宅に運び込まれ、他人に迷惑をかけることは避けられた。本は荷ほどきしてもらえたのだけれど、それ以外のすべてはめどがたたず、特にCDラックがわずか5ミリの高さの違いで入らず、いくつか廃棄したのが辛い。新たに注文したCDラックがやってきて、組み立て、そこにCDを再現するかと思うと、ちょっと気の遠くなる感じがする。いろいろ考えると、これから数ヶ月かかるだろうけれど、これは、荷物を整理し捨てよ、という神の命題だと思い、気長につきあうことにしよう。

さて、NY在住の、MIKAさんによるマリンバのジャズ・アルバムである。
スティーブ・ガッドのプロデュース作品。彼のドラムスの、スタッフの時代を彷彿とさせる感じの重さがいい。

MIKA & STEVE GADD
MIKARIMBA

MIKA & スティーヴ・ガッド / ミカリンバ!

1. A列車で行こう
2. キャラヴァン
3. ピクシーランド・ラグ
4. モーニング・ラヴ
5. 熱情
6. スラングポルカ
7. デボラのテーマ (モリコーネ「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」)
8. ザ・デューク
9. シシリー
10. ガッド・アバウト
11. グラスゴー・ブギ
12. ストレングス
13. ティコ・ティコ
14. ヴーレ・ブ

「A列車」「デボラのテーマ」「ティコ・ティコ」など、おなじみのテーマが再現されていく。マリンバという楽器のある種の暖かさがこのアルバムの素敵なところ。マリンバのグルーブ感はやや重い感じもするが、それでも、スティーブ・ガッドのドラムスが引っ張っていく音楽感覚が楽しめる。

さて、秋晴れが一週間つづくとか。この高い空を楽しめる日々にしたいもの。みなさんの秋の日々はどんなだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。