投稿者 undecuplet | 2010/10/11

今年はカバー作品の当たり年だけれど、カバーの原点といえばこれ~vocalist 徳永英明 HIDEAKI TOKUNAGA

今年はカバーの当たり年。いろいろここでもとりあげたけれど、その原点はどこにあるのだろう、と考えていたら、ここにいきあたった。ヴォーカリストの初回作品である。これがいまに連綿と続くヒット作になろうとは、本人も思わなかったのだろうけれど、なかなか素敵なアルバムである。

選曲がいい。とにもかくにもなつかしい。つい口ずさんでしまうような、名曲ぞろい。そして、高音で声がやや枯れる徳永さんの歌声が妙にセクシーで、そのあたりが彼のカバーアルバムでなければならない何かを見事に演出している。

 

vocalist
徳永英明 HIDEAKI TOKUNAGA

1. 時代
2. ハナミズキ
3. 駅
4. 異邦人
5. シルエット・ロマンス
6. LOVE LOVE LOVE
7. 秋桜
8. 涙そうそう
9. オリビアを聴きながら
10. ダンスはうまく踊れない
11. 会いたい
12. 翼をください
13. 卒業写真

平原綾香さんなどの編曲も手がけている坂本昌之さんのアレンジがいい。もちろん平原さんや徳永さんと歌唱力の歌手だからこそ楽しめるのだけれど、それでもこのアルバムの上質感は、かなりの部分、この編曲力にもよっている気がする。
このヴォーカリストだけをみれば、アルバム全体でみるとやや同じ調子を感じることもあるのだけれども、アルバムの初期の狙いを考えるとそれもいいのかもしれない。弦一徹さんのストリングス・アレンジともあいまって、落ち着いたいい感じが、大人の音楽という気にさせ、聴く人の気持ちをゆったりとさせるのだ。
「ハナミズキ」「異邦人」など、徳永さんならではの唄にもなっていて、とても楽しい。休日の午後にはおすすめの1枚。

広告

Responses

  1. 名曲ばかりのBESTですね。
    1,2,3・・と続いていますが、
    これが一番良いかもしれませんね。
    「時代」を超え愛される歴史的名曲多し。

    • コメントありがとうございます。4で打ち止めとかいわれていますが・・どうでしょうか・・もうちょっと聴いてみたい気もしています。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。