投稿者 undecuplet | 2010/11/03

『シェエラザード』 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ~パリ管弦楽団

なんて、豊穣なシェヘラザードなのだろう。

ロストロボーヴィッチの指揮になるこのパリ管の「シェヘラザード」のようなものこそ、名演と呼ぶのだろうと思う。

リムスキー=コルサコフ:交響組曲『シェエラザード』 作品35
パリ管弦楽団
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(指揮)

録音時期:1974年
録音場所:パリ、サル・ワグラム
録音方式:ステレオ(セッション)
こちらで一部試聴できます

シェヘラザードは千一夜物語をもとにつくられたものだが、バレエ組曲の「白鳥の湖」のように、とても映像的な、あるいみ具象的な音楽においては、演奏者によるその品性のようなものが、結果として問われることが多くある。

このロストロ盤の素晴らしいところは、そのような評論家のような人々の視線に対し、あえて大仰というか、メリハリ強く、土着的な匂いを存分に醸し出しているところである。いわゆるタメが強烈に深くとられていて、大衆的聴衆の思うまさに欲しい抑揚がこれでもか、というほどに効いているところが、本当に素晴らしくいいのだ。そして、パリ管の色彩。

絶品である。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。