投稿者 undecuplet | 2010/11/14

何と88歳、トゥーツ・シールマンスのライブアルバム~TOOTS THIELEMANS EUROPEAN QUARTET LIVE

1922年生まれ、何と88歳、トゥーツ・シールマンスのライブアルバムです。録音は、2006,2007,2008年と、長年の、数々のステージでの演奏からのベスト・テイクとか。

最近、来日しないので心配していましたが、これを聴くなり、驚くほどにバリバリの現役だったことがわかり超安心します。

TOOTS THIELEMANS EUROPEAN QUARTET LIVE

Toots Thielemans: harmonica
Karel Boehlee: piano and synthesizer
Hein Van de Geyn: double bass
Hans van Oosterhout: drums

1 I Loves You Porgy
2 Summertime
3 Comecar De Novo
4 The Days Of Wine And Roses
5 Circle Of Smile (theme from: Baantjer)
6 Round Midnight
7 Les Feuilles Mortes
8 Theme from Midnight Cowboy
9 On Green Dolphin Street
10 Ne Me Quitte Pas
11 Bluesette
12 For My Lady

1曲目の「I LOVE YOU PORGY」から驚くほど聴かせてくれますし、イヴァン・リンスの「COME CA DE NOVO」に至っては、あのブラジルプロジェクトよりもさらに深みを感じさせるほどに、素晴らしい出来上がりです。

グルーブ感あふれるリズム、独特のメロディライン・・ハーモニカだからかもしれませんが、シールマンスのシールマンスならではの節回しが、年齢を感じさせるどころか、むしろいい感じに枯れた若々しささえ感じさせるから驚きです。

バックをつとめるカレル・ボエリー、ヘイン・ヴァン・ダヘイン、ハンス・ヴァン・オーシュタハウトゥという、カレル・ボエリー・トリオも素晴らしい出来です。それもある意味、当然で、カレル・ボエリーと言えば、あのヨーロピアン・ジャズ・トリオの初代ピアニスト。本当に真摯で抑制のきいたとてもいいトリオが脇を見事にかためている感じです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。