投稿者 undecuplet | 2010/11/16

The CTI Jazz All-Star Band Montreux Jazz Festival 2009  

1971年のカリフォルニア・コンサートから約40年を経て、CTIオールスターズが復活した2009年スイス・モントリーのライヴ。あのクリード・テイラーがプロデュースを担当し、CTIの歴史を彩った名曲の数々を中心にしながらも、新世代シンガー、ジェイミー・カラムを起用。そしてミキシング、マスタリングはルディ・ヴァン・ゲルダー。

Montreux Jazz Festival 2009
The CTI Jazz All-Star Band

こちらで一部試聴できます

アイアート(per)
トッド・バショア(as, bs, arr)
ランディ・ブレッカー(tp)
マーク・イーガン(el-b)
ビル・エヴァンス(ss, ts)
ニルス・ラン・ドーキー(p, key)
ヒューバート・ロウズ(fl, picc)
ラッセル・マロ-ン(g)
フローラ・プリム(vo) on M3
ジェフ・ティン・ワッツ(ds)

1. ミスター・クリーン
2. シュガー
3. ミストゥラーダ
4. アメイジング・グレイス
5. ビンベ・ブルー
6. アフリカとブラジル
7. ユーズ・ミー
8. ブルース・マーチ

おすすめは、なんといってもヒューバート・ローズ。アメイジング・グレイスではソロを堪能できるのですが、その息づかいは昔のあのローズそのもの。なつかしさと新しさを一気に楽しめます。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。