投稿者 undecuplet | 2010/11/18

カーリン・クロッグ フリースタイル( Karrin Krog Freestyle )

カーリン・クロッグのアルバムです。渋くてなかなかいいのです。

Freestyle
Karrin Krog
1.Just Holding On
2.Bansull
3.Sorrowful day
4.Imagination’s child
5.Freestyle
6.Karima Two
7.Open Sandwich
8.Raga variations
9.The red Dragon
10.Some time ago
11.Fran Landesman medley
12.Hymn to Joy

 

 

カーリン・クロッグは、1937年5月15日、ノルウェーのオスロ生まれ。60年代初頭から地元オスロやストックホルムで活動を始め、ヨン・クリステン、ヤン・ガンバルク、アリルド・アンデルセンたちと共演しています。64年のフランス、アンティーヴ・ジャズ祭で世界デヴュー。同年に初アルバムも録音。67年にはドン・エリスの進めで渡米し、ドン・エリスやクレア・フィッシャーと共演、録音。70年にはアルバート・マンゲルスドルフ、ジョン・サーマンらと万博で初来日。71年にはデクスター・ゴードン、77年にはアーチー・シェップとレコーディングも行っています。

柔らかくそれでいて芯がある声・・静かながらそこで繰り広げられる音楽世界は、見事に説得力があるのです。今回のこのアルバムは1986年のもの。4曲目「Imagination’s child」、10曲目「Some time ago」など共演のJohn Surman のキーボードの柔らかな音色とあわせ、おしゃれなポップスとしておすすめです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。