投稿者 undecuplet | 2011/01/06

ヴィニシウス・カントゥアリア サンバ・カリオカ Vinicius Cantuaria Samba Carioca

日本ではあまり馴染みのないヴィニシウス・カントゥアリアですが、実は30年余のキャリアをもつ大ベテランです。

51年、アマゾンのマナウスで生まれ、6歳の時からブラジル・リオ育ち。ガル・コスタらのバックを経て78年、カエターノ・ヴェローゾのバンド「ア・オートラ・バンダ・ダ・テーハ」に参加。以降84年まで7枚のアルバムに参加し、ドラムだけでなくギターやパーカッションの演奏も手がけています。
94年以降、N.Y.へ移住。アート・リンゼイとのコラボレーションから坂本龍一と出会い、中谷美紀の1stアルバムにも楽曲を提供したりと八面六臂の活躍。ソロ作『ソル・ナ・カーラ』でもリンゼイさんや坂本さんとの共同プロデュースが見られますが、収録曲はすべてヴィニシウス本人のオリジナルによるものでした。さて、今回は、演奏曲は、7曲が共作を含むオリジナル。2曲がジョビンともう1人の曲となっています。

Samba Carioca
Vinicius Cantuaria
1.Praia Grande
2.Berlin
3.Vagamente
4.Inutil Paisagem
5.Julinha de Botas
6.Fugiu
7.Orla
8.Conversa Fiada
9.So Ficou Saudade

全体にとてもクールな静かな演奏。しかしそれでいてあたたかい独特の風合いがあるものです。プロデューサーはArto Lindsay。そのせいか、Arto Lindsay的なアンニュイな微妙な雰囲気もあったりします。
参加アーティストがとても豪華。ジョアン・ドナート、マルコス・ヴァーリ、ブラッド・メルドー、ビル・フリゼール、パウロ・ブラガ、ルイス・アルヴェス、リミーニュ・・すごいですね。
個人的なおすすめは、「オルラ」でしょう。マルコス・ヴァーリのフェンダー・ローズがとてもいい味をしていて、このアルバムの世界観を見事に集約している感じです。冬の夜長にぜひのんびりときいてみてください。

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。