投稿者 undecuplet | 2011/01/13

STANDARDS GIFT 土岐麻子

土岐麻子さんのスタンダード・ナンバー集。日本屈指のJAZZ SAX奏者であり、父である 土岐英史の他、大石学(pf)・坂井紅介(b)・セシルモンロー(dr)・ハル高内(g)と豪華ミュージシャンがバックを支えています。

STANDARDS GIFT
土岐麻子

1. 雨に歌えば
2. ノルウェーの森
3. ユー・メイク・ミー・フィール・ブランニュー
4. スイングがなくちゃ意味がない
5. マイ・ファニー・ヴァレンタイン
6. 部屋とお茶と私
7. ブレイクアウト

ジャズ・スタンダードナンバーに加え、ミュージカル映画「雨に歌えば」の中でジーンケリーが歌う「Singin In the rain」、スイングアウトシスターの代表曲「Break out」、スタイルスティックスの「You make me feel brand new」、そしてビートルズ「ノルウェーの森」などさまざまなスタンダードがちりばめられた選曲。

伊藤君子さんとかのバックで名前を拝見しそうな、大ベテランのジャズメンのユニットの中で、軽くてさわやかな、ジャズの人特有のあくのようなもののない土岐さんの声が、ある種、新鮮に聞こえてきて、ふしぎな感覚にとらわれます。

アルバムとしてみると、大石さんのローズとか、土岐さんのサキソフォン、紅介さんのベースとか、ききどころ満載で、六本木のアルフィーとか青山のbody & soul にまぎれこんだような、ある種のジャズの日常の気分にとらわれます。その意味でもふしぎなアルバムの1枚なのかもしれません。おすすめです。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。