投稿者 undecuplet | 2011/02/01

祝 IBM 100年

1911年6月16日、アメリカでIBMの前身となるCTR( The Computing-Tabulating-Recording Company)社が設立されてから今年で100年になる。それを記念して、IBMがつくったビデオがこれ。なかなか感動的である。

 

 

 

IBM・・ このことばに何を感じるかは、世代によって随分違うかもしれない。僕が感じているIBMは、やはり常に知性の象徴だからだろう。「THINK」ということばに代表されるIBMは常に、知の巨匠として、君臨していた。アップルのあの1984年のIBMをビッグブラザーにたとえたCMも有名だが、打倒の対象としたいくらいに、むしろIBMの知が輝いていたととらえるのが正しいのだろう。

 

 

 

パンチカード、フォートラン、IBM360、ThinkPad・・・ビデオをみながら、あれもこれもなつかしい。本当にIBMが想起させるものは数限りない。そう、あのイームズの作品群も、IBMのパビリオンのためにつくられたものだった。

 

 

 

なつかしく、それでいて誇らしい。常にぶれない知のイメージを表象しつづけるのは実はとても大変なことだと思うけれど、それが見事に実現されていることに、敬意を感じる。IBMはこれからも常に「IBM」でありつづけてほしいと思う。おめでとう100年、IBM。

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。