投稿者 undecuplet | 2011/05/30

空気公団 まとめを読まないままにして

空気公団のなにげない素敵なPVです。

空気公団の名前にふさわしく、古きよき公団の公園で、なにげなくはじまる演奏会。そして、寄り添うように集まってくるこどもたち。ピアニカのような単純な音楽でありながら、そのまさに「空気」な感じが、とてもやさしく、その土地の風景になじんでいくのです。

空気公団は、1997年結成のバンド。一時の休止を経て、現在は3人で活動しています。音源制作を中心に活動しながら、スクリーンの裏側で演奏するライブイベントや、音楽を聴きながら作品を楽しむ展覧会「音の展示」等、様々な公演をしている集団とか。

めまぐるしいともいうべき現代だからこそ、逆説的に存在が必要とされているのだろう「空気公団」。その存在とともに、今回のPVは、その彼らのもっている空気感のとらえ方がとてもうまく、また映像も素晴らしくチャーミングなのです。そのまさに名前と存在が妙にマッチした彼らのありようが、この映像を通したときにさらに確実なものになっていく感じ。ワンカットだからこそいきる、映像のもつトーン&マナーの重要性もまたあらためて感じさせられたのでした。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。