投稿者 undecuplet | 2011/06/10

こころの友に・・アン・バートン(Ann Burton 1980 ~ on the sentimental side)

いちばん大好きな女声ヴォーカルは誰か・・と問われれば、そのひとりに必ずあげるでしょう・・そのやさしい歌声が耳から離れれない・・そんな大切な宝物のようなシンガーが、アン・バートンです。

 

優しく温かみのある歌声で多くのヴォーカルファンを魅了したアン・バートンが生前に残した、これまで全く未発表だった素晴らしいパフォーマンスの数々がついにリリースされました。
オランダ・サウンド・アンド・ビジョン協会(NISV)の 膨大な資料保存庫からプロデューサー、ピート・トゥレナールによって発掘されたこれらの録音は1966年から1988年にかけての放送音源延べ43曲。その中から、今回発売されたのは、すでに発売され話題となったNISV Archives第一弾「ラフィング・アット・ライフ~ウィズ・ルイス・ヴァン・ダイク」に続く第2弾として母国オランダのフリント劇場での公開放送とラジオ曲VERAのスタジオで収録された、いずれも1980年の放送音源によるアルバム~ on the sentimental side です。

 

アン・バートンは、1933年3月4日オランダのアムステルダム生まれ。89年11月29日ガンのため他界。本名アン・ラファロウィッチ。俳優のリチャード・バートンのファンだったため、そこからバートンを名乗ったともいわれています。50年代半ばから歌手として活動。ルイス・ヴァン・ダイク・グループをバックに歌った67年録音の『ブルー・ バートン』が評判になり、一躍人気歌手の仲間入りを果たしました。

on the sentimental side
Ann Burton

1. You started something

2. I can dream, can’t I?
3. Come in from the rain
4. Let me love you
5. Foolin’ myself
6. All or nothing at all
7. Did I remember?
8. New York state of mind
9. On the sentimental side
10. The very thought of you
11. I wished on the moon
12. Bubbles bangles and beads
13. That old feeling
14. I thought about you

アン・バートン (Vo)
レックス・ジャスパー・トリオ(1)
レックス・ジャスパー(p:2,3)
ヤン・フォン・トワイヴァー (P:4-14)
ハリー・エメリー (B: 4-14)

録音 1980年:@VERA Studios (1-3)、@De Flint Theatre (4-14)

 

それにしてもなんて、やさしくて芯があって素敵な歌声なのでしょう。サラ・ボーンが聴いた瞬間にうなるほどうまいとするならば、聴いた瞬間にこれほどこころに溶け込んでくる人も他にはいないでしょう。

たまの休日に家にいて、仕事を忘れてちょっとこころおもむくままにひたりたい・・そんなあなたなら絶対に1枚はお手元にどうぞ。tannoy お持ちの方ならなおさら・・まさにおすすめです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。