投稿者 undecuplet | 2011/08/21

Love me tonight   Tom Jones(トム・ジョーンズ) 〜 「こんなに見事にだまされた、私は幸せ」ゼロの頂点

この一週間ほど、あのよくできたCMのおかげで(いつものことながら、あのサントリーだけれど)、トム・ジョーンズが頭から離れなくて困っている。あの時代のあの匂いのするトム・ジョーンズだけれど、CMのもつ妙にできの良い昭和の香りとあいまって、本物感をついつい感じさせられてしまう。いい「大人の感覚」に対する渇望感が、現代の世の中にあったのだな、とあらためて気づかされてしまう。サントリーの時代を読み取る嗅覚のすさまじいところだろう。

 

 

 

トム・ジョーンズの唄もさることながら、楽曲もよくて、アレンジもよいのだけれど、いろいろみていたら、尾崎紀世彦さんも歌っていて、すさまじくうまい。うなってしまった。もう、完全にタイムスリップ状態。

 

 

 

 

それにしてもこのCM・・この曲ありきで発想したのかもしれないほどに、ぴったり。そして映画的フェイク感がみごと。おすぎのことばそのものに、楽しませられてしまった自分に気づいた。「こんなに見事にだまされた、私は幸せ」

 

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。