投稿者 undecuplet | 2012/02/09

世界の大陸、プレート移動で数億年後、北極に集結:超大陸「アメイジア」 ~ ケルテス:ハーリ・ヤノシュ 

日経新聞によれば、「世界の大陸、北極に集結 プレート移動で数億年後 」とのこと。

地球の表面を覆うプレート(岩板)の移動により、数億年後には南北アメリカ大陸やユーラシア大陸が北極付近を中心に集合して一つの巨大な超大陸「アメイジア」が誕生するという研究結果を米エール大のチームがまとめ、9日付の英科学誌ネイチャーに発表した・・・とか。

何とも気が遠くなるような話だが、妙な納得感もあるのはなぜだろう。

頭の中に急に、ある種のメロディが流れてきて、はなれないときというのはあるものだけれど、それがどういう訳か、今日はコダーイだった。ハリー・ヤノシュを聴きたくなって、ケルテシュ盤を聴く。

コダーイ
ハーリ・ヤーノシュ
こちらで一部試聴ができます

1. 組曲《ハーリ・ヤーノシュ》
2. ガランタ舞曲
3. ハンガリー民謡《孔雀》による変奏曲
ロンドン交響楽団
指揮:イシュトヴァン・ケルテス
録音:1964年(1,2)、1969年(3)
ニュー・カッティング(ルビジウム)

 

 

指揮者のケルテスはハンガリー人ということもあってか、演奏には独特の土臭さと力強さがにじみ出ていて、そこがなんともいえずいい味をだしています。

ケルテスは寿命こそ短かったが、若くして既に巨匠級の指揮をしていたのは誰もがみとめるところでしょう。あの名盤の「新世界」も本当に素晴らしいものだったけれど、今回のこのコダーイもそれにも匹敵する出来です。

録音も、ステレオ黄金期のあのデッカだけあって文句なし。おすすめです。

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。