投稿者 undecuplet | 2012/02/10

ラスマス・フェイバーのジャズアレンジ・銀河鉄道999 ~ 高城剛と未来を創る10人

スウェーデンの実力派ジャズ・ミュージシャン「ラスマス・フェ­イバー」が立ち上げたいわば、アニメ・プロジェクト。本人はアニメ好きを公言していて、アニメの名曲をジャズ風にアレン­ジしたCDを既に何枚も発売済みで、今回のものがいわば第三弾。

プラチナ・ジャズ ~アニメ・スタンダード Vol.3
ラスマス・フェイバー
こちらで一部試聴できます

1. 銀河鉄道999 (劇場版『銀河鉄道999』より)
2. 風の谷のナウシカ (『風の谷のナウシカ』より)
3. 海の見える街 (『魔女の宅急便』より)
4. わが名は小学生 (『みつどもえ増量中!』より)
5. 悲しい予感 (『月詠-MOON PHASE-』より)
6. 1/2 (『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』より)
7. H.T (『TRIGUN』より)
8. 小さなてのひら (『CLANNAD~AFTER STORY~』より)
9. プラチナ (『カードキャプターさくら』より)
10. ルパン三世 愛のテーマ (『ルパン三世(TV第2シリーズ)』より)
11. 輝く空の静寂には (『黒執事II』より)
12. デリケートに好きして (『魔法の天使クリィミーマミ』より)
13. 天使のゆびきり (『彼氏彼女の事情』より)
14. 対象a (『ひぐらしのなく頃に解』より)
15. God Only Knows (『神のみぞ知るセカイ』より)
16. 旅の途中 (『狼と香辛料』より)
17. Gravity (『WOLF’S RAIN』より)

 

この中でおすすめなのは、何と言っても銀河鉄道999(galaxy express)・・・スローバラードな感じがなかなかなのです(探したけれどyoutubeはなかったので、ぜひ試聴してみてください)。
 

 

 

 

 

「高城剛と未来を創る10人 対話から見えた、その先の世界」

“生き様番組”みたいなのをネットでやってみたい テリー伊藤(演出家)
ギャルのイメージを変えたくて“ギャル革命”がひらめいた! 藤田志穂(文化起業家)
CGでなんでも描けるようになったら、僕は毛筆画にする 寺沢武一(マンガ家)
人間のつくるものは結局のところ、身体の延長 三枝龍生(合気道家 整体師)
自分の能力をガンガン出せばいくらでもチャンスはある! 金子勝(慶應義塾大学経済学部教授)
僕、ボーッとしているのがあまり好きじゃないんです 中田ヤスタカ(ミュージシャン)
G-SHOCKのスタートは“落としても壊れない時計” 伊部菊雄(カシオ計算機 モジュール開発部)
行き当たりばったりに見えても実は、かなり狙ってる(笑) 米原康正(編集者 フォトグラファー)
子どもに性の最低限の知識は教えてあげてほしい 紅音ほたる(一般社団法人“つけなアカンプロジェクト”代表理事)
相手の懐に飛び込んで信頼関係をつくります! 吉田豪(インタビュアー ライター)

メディア界で活躍めざましいテリー伊藤、世界が憧憬するG‐SHOCKを生み出した伊部菊雄、自由自在な音楽活動を営む中田ヤスタカ、未来を見すえた作品を描き続ける寺沢武一ら、日本を牽引する10人の精鋭たちと高城剛が熱く語った対談集。
高城剛というと、ここのところ色眼鏡をかけて見ざるを得ない空気がちょっとあるけれど、僕の中では、ビデオビエンナーレの第一回優勝者のひとりという感じがまだちょっと残っていて、彼のもつ独特の先物買い感覚は、いまではどうなっているのだろう、と思ってこの本を手にとってみた。

中身は、週刊アスキーの記事をまとめたもの。だが、意外といっては何だが、いい人選、いい意味で適当な掘り下げ方のインタビューになっていて、それはそれで軽く読める感じがいい。

本来の彼のもつフットワークの軽さが、いい意味でもうちょっとうまく人々に届くといいのかもしれないけれど、それも本人の意向次第かもしれないけれど・・。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。