投稿者 undecuplet | 2012/08/20

新譜だけれどなつかしい音色のキース・ジャレット KEITH JARRETT SLEEPER

1979年4月16日の中野サンプラザでのライブ録音未発表収録曲集。
なつかしいキース・ジャレットの感覚が前面に漂う。

 

 

 
sleeper
keith Jarrett

Disk 1
1. pesonal mountains
2. innocence
3. so tender

Disk 2
1. oasis
2. chant of the soil
3. prism
4. new dance

Keith Jarrett: piano, percussion
Jan Garbarek: tenor and soprano saxophones, flute, percussion
Palle Danielsson: double-bass
Jon Christensen: drums, percussion

 

 

2012年のマスタリングのせいか、とてもいい録音状態。
音楽は、普遍的なものでもある一方、まさに時代の投影でもある。
そういった意味で、1979年の断面が見事にきりとられている。
僕自身はnew dance が楽しめた。この年、僕は何をしていたのだろうと記憶を探ってみるきっかけになった。そう既に33年も経過していたのだ。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。