投稿者 undecuplet | 2012/11/19

キンドル paperwhite3G がやってきて、 kindle touch と比較してみた

 

 

 

待ちに待ったキンドルpapewhite3Gがやってきました。ああ、これでなんと4台目のキンドル。

箱の色はかわっていますが、大きさは、以前のキンドルタッチとほぼ同じ。
もってみるなり、その軽さと薄さに驚き。

以前から、本を読むときには、寝転がってよむときが多いので、
厚い本は難渋していたのですが、これなら大丈夫。

また、ペーパーホワイトのほんわりとした明るさは、なにげに、目にやさしく、
これに慣れると、ちょっとkindle touch の照明のなさはものたりなくなるかも。
使いがっては同じ。日本語対応になっての縦書きはもちろんありがたいことです。
これで、海外版と同じように、新聞が毎日配信されたりすれば文句なしなのですが、現状そのようなサービスはなし。待たれるところです。

今回加わった、明るさの調整はかなり自由に変更可能のようです。電池の持ちはほとんど気にしなくてもいいけれど、昼間などは、バックライトなしでもいけるので、オフにしてもいいかもしれませんね。

それにしても本当に最強の読書マシン。いろいろと自炊も試みてきたのですが、完璧にみやすいわけでもなく、その意味で、キンドルストアができて、電子書籍そのものが販売されたのはまさに朗報でした。これからは、電子書籍の購入が増えてしまうので、それはそれでお財布が心配になってきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。