投稿者 undecuplet | 2018/03/21

ソヒエフの時代がやってきた

トゥールーズ・キャピタル国立管弦楽団を2晩きいた

トゥガン・ソヒエフのよさはどこにあるのだろう。
その軽やかな指揮ぶりか、あるいは楽団員の楽しそうな様子か。
あるいはそのどちらもがいい具合に化学反応を起こして、
とても表情豊かな音楽がいつも醸し出されるのだ。
それでいて、全体主義かというとそうではなく、個々の能力をひきだすことも忘れない。
シンバルや大太鼓を奏でる白髪の老紳士、
美しい響きが音楽の大きな味付けになるハープ・・
とりあげたらいとまがないほどに個々の力の集合が
全体として素敵な音楽になっているのだ。
これから数十年、彼のような指揮者がいることがクラシック音楽界において
素敵な未来を保証してくれることになるのだろう。

指揮:トゥガン・ソヒエフ
フルート:エマニュエル・パユ
トゥールーズ・キャピタル国立管弦楽団

グリンカ:オペラ『ルスランとリュドミラ』序曲
ハチャトリアン(ランパル編):フルート協奏曲
チャイコフスキー:バレエ音楽『白鳥の湖』から

 

指揮:トゥガン・ソヒエフ
ヴァイオリン: 諏訪内晶子
トゥールーズ・キャピタル国立管弦楽団

グリンカ:オペラ『ルスランとリュドミラ』序曲
ドビュッシー:交響詩「海」
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 op.19
ストラヴィンスキー:バレエ『火の鳥』(1919年版)

 

unnamed.jpg

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。