投稿者 undecuplet | 2018/03/31

20世紀型コンサートピアニストの貴公子 ブレハッチ

最近、ユジャワンやアムランといった高速プレイのいわば21世紀型ともいうべきピアニストが盛んだが、ブレハッチはショパンコンクール優勝のボーランド人というまったく、ある意味純粋・生粋のコンサートピアニスト、ショパン弾きなのだ。
モーツァルト、ベートヴェン、シューマン、ショパン・・すべてに飽きさせることなく、きわめて音楽的にチャーミングに、いわばピアノ本来の楽しさを奏でる。いま現存するこのタイプのピアニストとしては、その貴公子ぶりもあわせ、ピカイチだろう。
コンサートにきた誰もが幸福につつまれた一夜だった。

 

モーツァルト:ロンド イ短調 K. 511
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K. 300d
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調 Op. 101
シューマン:ピアノ・ソナタ 第2番 ト短調 Op. 22
ショパン:4つのマズルカ
ショパン:ポロネーズ 第6番 変イ長調 「英雄」 Op. 53

IMG-1325

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。