投稿者 undecuplet | 2019/03/06

神のごとく完璧にコントロールされたショパン:ツィメルマン

こんな演奏が実際に起こったとはまだ信じられない
ツィメルマンの前半のショパンは
心技体がすべてが完全に整い
その上で無心のように完璧にコントロールされた
ピアノサウンドだった

オペラシティの1階上手側の席で聴いたのだが
これ以上極上のピアノは、たとえどんな理想的なオーディオ機器で
あっても再現できまい

高音のリリシズムから無駄な濁りの一切ない低音まで
ピアノどして理想を想像したとき以上のピアノが
そこにはあった
そう、まさにピアノのおいしい成分だけが(稚拙な言い方ですまない)
提示された感じともいえるかもしれない

 

最近の僕は健康ではなかったけれど
音楽浴というのが治療であるとすれば
今日のツィメルマン・サウンドはまさにそうだった
ああ、人生の中でこのような体験がもう一度できるとは思えない
こんな表現ばかりで申し訳ないが、まさに今日の
ツィメルマンのショパンの 4つのマズルカ Op. 24 は
神様の思し召しのような時間だった

 
ショパン:4つのマズルカ Op. 24
第14番 ト短調 Op. 24-1/第15番 ハ長調 Op. 24-2/第16番 変イ長調 Op. 24-3/第17番 変ロ短調 Op. 24-4

ブラームス:ピアノ・ソナタ 第2番 嬰へ短調 Op. 2

—————————

ショパン:4つのスケルツォ
第1番 ロ短調 Op. 20/第2番 変ロ短調 Op. 31/第3番 嬰ハ短調 Op. 39/第4番 ホ長調 Op. 54

—————————
(アンコール)
ブラームス:4つのバラード op10:1,2.4

 
アンコールがあったのも珍しい
いつも完全燃焼で、アンコールをしない
ツィメルマンにとってもここのところ調子がいいのだろうか
とてもいい笑顔を浮かべて
カーテンコールの舞台にあがってきていた

今夜は神様に感謝のことばしかない・・ありがとう・・
そしてツィメルマンが存在したことに・・ありがとう

IMG-1680


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。