投稿者 undecuplet | 2019/04/30

エストニアの俊英が織りなす素晴らしき追悼歌

エストニアの俊英が織りなす素晴らしき追悼歌

 

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ヴァイオリン:五嶋みどり
エストニア・フェスティバル管弦楽団

 
ペルト:ベンジャミン・ブリテンへの追悼歌
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47
トゥール:テンペストの呪文
シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 Op.43

 
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ長調 BWV1005 より 第3楽章 ラルゴ(ヴァイオリン・アンコール)
レポ・スメラ:スプリング・フライ
ヒューゴ・アルヴェーン:羊飼いの娘の踊り

 
この響きの巧みさ、うねるような弦楽のたたずまい・・どこかで
きいたことのあるようななつかしさ・・
そうだ、ルツェルン祝祭管弦楽団だと思いいたった

 

あるカラーに染まっていない、だけどものすごくうまい・・そして何か
この世のここだけのといった緊張感がある・・
きっとそういうことがこの「祝祭」オーケストラの運命なのだろう

 

それにしても素晴らしい演奏だった
五嶋みどりさんの圧倒する力もさることながら、
僕が今回特に感動したのは、
ブリテンへの追悼歌だ

 

鐘の音とともにはじまり、鐘の音とともにおわる
その余韻がおわるまでがその曲なのだが、
満杯の客席の誰もがその余韻を見事に堪能した

 
この日は祭日の昼間ということもあり、ふだんコンサートに
こなれなれていない人も多かったと思うけど
そういった人も含めて、ひとつの気持ちにまとめあげてしまう
音楽の力、

ヤルヴィとこの祝祭管弦楽団の魅力を思わずにはいられなかった

 

IMG-1734
ぜひまたききたいと思う

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。