投稿者 undecuplet | 2019/10/04

dCSの魔力:凄みが・・

dCSの魔力:凄みが・・

dcsのnetwork biridge を買って1ヶ月がたった
音の向上はすばらしい
もう、元へはもどれない

ドラムのシンバルやブラシの乾いた音
ピアノの低音のピアノ線の音
ヴァイオリンの高音のきえかかっているフレーズの余韻
管の艶やかさ

いいだしたらキリがない
音の粒子が細かくなったような感じだ
だが、とも思う
ラトックシステムのブリッジに比べて
10倍以上の価格のひらきがあるが
10倍以上いい音というわけではない
ラトックはラトックであの手頃な金額で
とてもよいマシンだったと思う

だが、魔力は魔力
もう元には戻れない

dCSが・・なぜあのおそろしく高価な製品しか
発売してこなかったdcsがなぜ
networkbridge だけこの微妙な値段で
だしてきたのかわからない

dcsのCDプレイヤーをほしいと思ったらここから
さらに10倍以上の費用がかかる
dcsの片鱗を(本当はもっとすごいのかもしれないが)
ちょっと香りをかげるだけでも
ぼくは幸せなのかもしれない

そして面白い結果だったのは、
dcsがつくっているアプリのモザイクで聞くより
roon で聴く方がなぜだが、音がいいのだ
dcsだと確かに重心は低くなる
だが、roonは音が明るくなってハナがそこにあるのだ

デジタルはだから面白い

 

unnamed


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。