投稿者 undecuplet | 2019/10/15

あのダン・タイ・ソンが微笑みをたたえて帰ってきた

あのダン・タイ・ソンが微笑みをたたえて帰ってきた

ダン・タイ・ソン・・・・アジア人ではじめてショパンコンクールを
優勝した人・・・そしてそのときの相手はポゴレリチだったときけば
彼の出自からそのすごさがわかるというもの

今まで彼は神経質なまでに完全主義者の一面をいつもみせていた

だが、今回はすごかった
もちろん、前へならえみたいにして椅子のポジションを決める
いつものポーズは同じなのだが、完璧さに加えゆとりが
あふれでいたのだった

あの自信にあふれたスマイルがいつもにくらべ、とてもやわらかい
自信とともにやさしさがあり、それが音にも通じているのだ

ペダルワークも一段とうまくなった
ドビュッシーでもショパンでも、濁る寸前ではなされるペダルが
美しき残響だけをきかせる

これぞ当代唯一のショパン弾きだ

武蔵野市民文化の小ホールもいつものように
彼にあたたかい

やはりコンサートはきかないとはじまらない
この夜は、驚きの、そして、うれしいいい一夜だった

 

unnamed

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。